九州小島株式会社

採用情報
お問合せ

トップページ

>

スタッフインタビュー

>

05

INTERVIEW MOVIE

カイゼンの意識を大切に、高品質なものづくりを「作る」から、「守る」へ。

〜入社を決めた理由〜

「作業」と「ものづくり」に惹かれて。

高校に来た求人のなかで「内装部品製造」という仕事内容を見かけて、興味を持ちました。「ものづくり」ができる仕事なんだな、と思ったからです。というのも、以前から仕事をするなら、体とか手とかを動かす、いわゆる「作業」ができる職種がいいな、と考えていました。その希望が叶って、入社から3年間は「組付」を担当し、今はその経験を生かして「異常処置」の仕事に就いています。

〜現在の仕事内容〜

“高品質を守るための砦”を、守る。

「異常処置」というのは文字通り、作業中にライン内で起きた異常に対処する仕事なんですが、ラインに異常が発生すると不良品が流れてしまうことになるので、これまで以上に気が抜けない仕事です。またラインごとに設備やルールが異なるので、適切な対応をするためにはそれぞれのラインのこともよく理解していないといけません。だから、各工程の作業書を読み込んで知識を増やしたり、他部署の人にもいろいろ教えてもらったりしながら、取り組んでいます。仕事の内容は少しずつ変化していますが、ずっと変わらずやりがいを感じてこられたのも、この仕事が自分には合っているからなんだなと思います。

〜仕事内外でのエピソード〜

基本を守り続ける大切さをあらためて実感。

「組付」という作業に携わっていたからこそ、その時の経験や知識が生かせるのが今の仕事だと感じています。なかでも、入社以来ずっと先輩たちに教えてもらっていて、自分でも実践してきて、後輩にも伝えているのが、「作業はスピードより品質が大切」ということです。当たり前のことなんですが、「何よりも品質に心がける」という基本をどんな時でもしっかり守り続けることの重要性を、今の異常処置の仕事をしているとあらためて感じます。

〜九州小島の雰囲気や特長〜

社員の仲が驚くほど良くて、活気もある。

一番びっくりしたのは、同じ部署内はもちろん、部署を超えてみんなの仲が良いこと。だからでしょうか、社内もとっても活気があるんですよね。年齢が近い人が多いということもありますが、先輩方も皆さん気さくです。私の場合、他部署の方にいろいろ尋ねることも多いのですが、そういう時も気兼ねなく質問できたり、知恵を借りたりしています。

〜これから挑戦してみたいこと〜

カイゼンが実現できる知識と技術を増やしたい。

何より挑戦したいのは、カイゼンの意識を持って、もっと作業がやりやすくなるよう組付の工程内のレイアウトを再編すること。だから、いろいろ考えたことを形にできるような技術を持ちたいと思っています。加えて、これまで経験した組付の前後の工程についても勉強して、異常処置の対応に生かせる知識を増やせれば、というのも目標です。