九州小島株式会社

採用情報
お問合せ

トップページ

>

スタッフインタビュー

>

03

INTERVIEW MOVIE

イキイキと働く仲間の姿を刺激に、仕事の質を高めるための挑戦を重ねたい。

〜入社を決めた理由〜

活気に満ちた社内の雰囲気に惹かれて。

学生時代から「ものづくり」に興味があったことに加え、「就職は地元で」という希望もあり、九州小島に入社したいと思いました。一番のきっかけは、インターンシップに参加したときに、若い社員も多くて、活気があって、という社内の雰囲気を実際に体験したことだと思います。また、安定性がある企業、という点も理由のひとつになりました。

〜現在の仕事内容〜

現場が仕事しやすいように設備を整える。

私が所属する製造技術課は、製品を作るための設備を準備する部署になります。製品ごとに設備の準備を手がける担当者が決まっていて、私も一つの製品についての準備を全面的に任せてもらっています。現場がやりやすいように設備を整えるためには情報や知識を駆使して組み上げる必要がありますが、その設備が機能しているのを見ると、やりがいを感じます。また工場内で組んだ製品を実際に搭載したクルマが市場に出たり、街中を走っていたりするところを見ると、「自分たちが考えた設備で組まれた製品が搭載されている」という思いが湧いて、感慨深いものがあります。

〜仕事内外でのエピソード〜

もしかして職業病!?思わず取った行動に苦笑。

九州小島の人は皆、安全意識が高いのですが、設備を準備する際もリスクアセスメントは重要なので、安全最優先の想いは、私も同じです。ですから、たとえば工場内に入ったら一旦停止して、右よし、左よし、と確認して歩き出すといった習慣が身についています。ところが、普段ショッピングモールなどに出かけて、無意識にそれと同じ行動を取ろうとしている自分に気づいた時には、さすがに「これは職業病みたいなものだな」と苦笑しました。でも、意外に “九州小島あるある”じゃないかな、とも個人的には思います。

〜九州小島の雰囲気や特長〜

頑張っている仲間が、良い刺激になる。

若手もベテランも、世代や部署にかかわらず社員同士の仲が良いことが、社内のアットホームな雰囲気を醸し出している要因だと思います。それだけに、全ての部署で若い世代がのびのびと頑張れるし、実際、頑張っている会社だと思います。各部署で自分の仲間がイキイキと仕事をしている姿は刺激になりますし、自分も頑張らないと、という気持ちにさせてくれるので、それがとても励みになります。

〜これから挑戦してみたいこと〜

日々の仕事の質を高めるためにも、資格取得を目指す。

日々の仕事では、経験を重ねるほどに、責任も重くなります。だからこそ、仕事の精度を磨くためにも資格取得を目指し、自主的な勉強にも力を入れて頑張っています。取得できれば自分の強みにもなりますし、何より自信にもつながると思っています。